ABOUT

EVISU×WAREHOUSEについて

EVISU(山根英彦)と、若かりし頃、同社で修行したWAREHOUSE(塩谷健一・康二)が、
2014年4月、エヴィスジーンズの販売総代理店として卸売部門「エヴィス・ウエアハウス」を設立。
同部門では、エヴィス製品の仕入販売のみならず、
デザインを山根英彦、生産をウエアハウスが担当するコラボレーションモデルも展開しています。

コラボレーションモデル第一弾であるLot.0110、Lot.0111の
エヴィス×ウエアハウス×ヒデヒコヤマネのトリプルネームジーンズは、
ウエアハウスの定番1001の型紙をベースに、山根英彦監修による独自のマイナーチェンジを加え、
ベーシックでありながら独特の味を放つジーンズに仕上げています。

EVISUについて

1991年創業。
ヴィンテージレプリカジーンズの先駆けであったエヴィスジーンズは、
山根英彦が考案した通称「カモメマーク」と呼ばれるハンドペイントと、
独特の感性によるものづくりにより、日本発のデニムブランドでありながら、
世界のファッション業界を席巻し続けています。

WAREHOUSEについて

1995年に誕生したウエアハウスは、
「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。
他を圧倒する生産技術に加えて、ヴィンテージが生産されていた
当時の雰囲気をも醸し出すディテール表現は国内外からの評価が高いです。